植物工場 勉強会

更新日:9月19日

お知らせ

・過去に開催した勉強会一覧(第1回~第122回)(PDF版
・勉強会での配布資料の販売については、「資料販売について」(PDF版)をご覧ください。
・植物工場勉強会での配布資料をCD-ROM版で「領布」しています
・遠方からお越しの方へ(宿泊施設のご案内


第124回勉強会
テーマ:太陽光型植物工場における補光技術と効果
日 時:2018年10月10日(水) 13:30~17:00
場 所:千葉大学 環境健康フィールド科学センター 植物工場研修棟 A棟1F 研修室
参加費:NPO会員 2,700円 (資料代含む) 非会員 5,400円 (資料代含む)
申込方法:NPO会員(申込フォーム)  非会員(申込フォーム

「施設園芸作物における光の吸収と作用」
  東出 忠桐((国研)農研機構 野菜花き研究部門)

■事例紹介・製品紹介
「補光装置の導入事例」
  山藤 正智(株式会社富山環境整備)
「植物用LEDの現状と補光利用」
  竹内 良一(昭和電工株式会社)
「補光用光源の技術と日本での展開事例」
  久綱 健史(ウシオ電機株式会社)
「PHILIPS LED照明システムを利用した国内外の補光事例」
  マハルジャン ガウリ(フィリップスライティング)

 
申込フォームは、Googleフォームで作成しています。
 Google閲覧が制限されている場合は、下記フォームで事務局メール宛にてお申し込みください。
 =================
 申込回: 第124回 勉強会 (10月10日 13:30~)
 参加区分:NPO会員・非会員:
 NPO会員の場合、無料参加証使用の有無:
 団体名:
 所属部署:
 氏 名:
 メールアドレス:
 =================

<ご注意ください>
1) 会員/非会員をお間違えの無いようにお申込みください。
2) お申込み区分が反映された受付票が自動送信されますが、適正な区分にてお支払いいただきます。


第125回勉強会
テーマ:最新の人工光型植物工場の特徴と生産性
    -生産性はどのようにして、どこまで向上できるのか?-
日 時:2018年11月14日(水)13:30~17:00 
場 所:千葉大学 環境健康フィールド科学センター シーズホール
参加費:NPO会員2,700円(資料代含む) 非会員5,400円(資料代含む)
申込開始:10月10日(予定)

「世界で注目されている米国・Plenty社の植物工場の特徴と今後の方向」(注)日本語講演
  Kurt Kelty (Plenty社副社長)                        
「世界で注目されている中国およびラスベガス(USA)の新植物工場の特徴と今後の方向」(注)逐次通訳
  Li Shaohua (福建省中科生物股フン有限公司:中国科学院植物研究所と福建三安集団の共同設立)
「新設計思想でデザインされたCulture Machineの特徴と今後の方向」
  山田 耕資 (株式会社プランテックス)
「総合討論」
   Kurt Kelty , Li Shaohua , 山田 耕資 , 古在 豊樹


今後の勉強会の日程
12月12日(水) 1月23日(水) 2月13日(水) 3月13日(水 ) 開催予定


<お問い合わせ先>
 NPO植物工場研究会事務局(担当:戸井)
 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-1 千葉大学 環境健康フィールド科学センター

 お問い合わせ窓口:「お問い合わせフォーム」から、お願いします。
 お問い合わせフォームは、Googleフォームで作成しています。
 Google閲覧が制限されている場合は、下記メール宛へお問い合わせください。

 info★npoplantfactory.org(★印を@に替えてください)
 Tel&Fax: 04-7137-8312