TOP > インフォメーション > 第132回勉強会 植物工場における育苗と培地の問題を考える
第132回勉強会 植物工場における育苗と培地の問題を考える
2019.07.23
勉強会
日時 2019年9月13日(金) 13:30~17:00
場所 千葉大学環境健康フィールド科学センター
植物工場研修棟 A棟1F 研修室
参加費 NPO会員 2,700円  非会員 5,400円 (資料代含む)
※釣銭のないよう、ご用意ください
概要 養液栽培では程度の差はあれ、土に代わる培地を使用する。多様な培地が使用されているが、代表的な培地の特徴と可能性、そしてその培地を使った育苗システムの課題など、世界展開を見据えながら、植物工場で使用される培地の現状と今後について考える。
内容 「養液栽培の培地に望まれる性質」          塚越 覚(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)
「フェノール樹脂の野菜育苗用培地としての特性」   金 孝珍(スミザーズオアシスジャパン株式会社)
「固化培地の野菜育苗用培地としての特性」      藤井 一徳(みのる産業株式会社)
「ウレタンマットの野菜育苗用培地としての特性」   牧野 正美(株式会社トミヤマ製作所)
「植物工場でのウレタン育苗に改善の余地はないか?」 布村 伊(NPO植物工場研究会)
参加方法
会員専用(申込フォーム)

申込フォーム会員132

非会員専用(申込フォーム)

申込フォーム一般132

PAGE TOP