JPFA|最新のお知らせ       更新日: Feb. 9, 2018



「日本・ロシア沿海地方農業ビジネスフォーラム」は、農業に関わる日露のビジネスを拡大することを目的として、これまでロシア・ウスリースク市において2回開催されてきました。

2018年は日本での開催を依頼され、対象を沿海地方に限らず、広くロシア極東とし、千葉県柏市の柏の葉カンファレンスセンターにおいて、「日本・ロシア極東農業ビジネスフォーラム 2018 -園芸関連産業を中心に-」として、千葉大学主催、NPO植物工場研究会共催で開催する運びとなりました。

今回のテーマは、施設園芸関連設備・資材、人工光型植物工場、温室ビジネス、生鮮食品加工・流通といった、園芸関連産業を中心とした内容を予定しております。

 日 時:2018年3月22日 (木) 
 会 場:柏の葉カンファレンスセンター、日露通訳付き
 参加費:無料
 企業ブース御出展をご希望の場合は、別途2月16日までにご連絡下さい。

参加予定団体
・農林水産省
・商社、メーカー、施設園芸事業者等民間企業の皆様
・在京ロシア大使館(冒頭挨拶)ロシア通商代表部
・ロシア側団体 20~30名を予定
 各地方政府関係者(沿海地方、ハバロフスク、サハリン、カムチャツカ地方)
 沿海地方農業アカデミー、ハバロフスク農業基金、サハリン総合大学
 施設園芸等関係事業者

 参加申込書は、こちら

申込方法
3月11日(日)までに、所属団体・部局、役職、氏名、メール、電話番号、当日のプレゼンテーションの希望有無を明記のうえ、「メール」または「FAX」にてお申し込み下さい。

千葉大学環境健康フィールド科学センター 
277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-1 
「日本・ロシア極東農業ビジネスフォーラム事務局」千葉大学特任研究員 野口久美子
メール:russia@chiba-u.jp
FAX :04-7137-8008
電 話:04-7137-8103 / 080-5563-4129



 

植物工場とは、施設内で植物の生育環境(光、温度、湿度、CO
2濃度、養水分等)を制御して栽培を行う園芸施設です。千葉大学では、環境及び生育のモニタリングを通じて高度な「統合環境制御」と「生育予測」を行うことにより、 果菜類などのきわめて高い生産性実現と周年・計画生産が可能となりました。千葉大学拠点には6つの太陽光利用型植物工場棟、3つの人工光(LED等)利用型植物工場棟などの研究施設があります。

農林水産省「千葉大学拠点」植物工場施設の見学は、こちらの「申込み」ページから。

植物工場研究会では、千葉大学拠点施設(千葉県・柏市)の見学を受付けています。見学は、予約制です。見学に先立ち皆さまから最近寄せられた「よくあるご質問について」掲載しましたので、見学の前にご一読下さい。


2017 年度 植物工場研修のご案内 (千葉大学研修一覧) 11月24日版
受講生の声
 「人工光栽培実践者研修~人工光型植物工場での栽培と環境制御の実技と理論を学ぶ~」<その1>
 「人工光栽培実践者研修~人工光型植物工場での栽培と環境制御の実技と理論を学ぶ~」<その2>
 「植物工場経営のノウハウ」
 「あなたの栽培現場における最適培養液管理を共に作り上げます」


「環境制御による成長制御」
 ~どのような環境をつくるべきか~

開講期間:2018年2月20日(火) 1日間
受講費用:20,000円/人(消費税、教材費等込) 


「人工光型栽培実践者」研修
~人工光型植物工場での栽培と環境制御の実技と理論を学ぶ~
開講期間:第1回 2018年1月17日(水)~1月19日(金) 3日間
      第2回 2018年2月21日(水)~2月23日(金) 3日間
受講費用:100,000円(教材費込)

「あなたの栽培現場における最適培養液管理を共に作り上げます【培地あり】」

開講期間:2017年11月6日(月)~2018年3月6日(火)
     ①11月6日(月) ②1月11日(木),12日(金) ③2018年3月6日(火)
受講費用:300,000円/人(消費税込)(培養液分析・コンサルタント・教材費等込)

「太陽光型生産管理者育成長期研修」
開講期間:2017年7月24日~2018年2月(未定)
受講費用:500,000円/人(消費税、教材費込)

各回の詳細概要、お申込みは、こちらから。
宿泊施設のご案内は、こちらから。


過去に開催した勉強会一覧(第1回~第115回)(PDF版)を参照ください
勉強会での配布資料の販売については、「資料販売について」(PDF版)を参照ください


<第118回勉強会>
テーマ:培養液コントローラーの開発状況について

日 時:2018年3月14日(水) 14:00-17:30

各回の詳細概要、お申込みは、こちらから
宿泊施設のご案内は、こちらから

A Book Review
LED Lighting for Urban Agriculture

Editors: Kozai, Toyoki, Fujiwara, Kazuhiro, Runkle and Erik S.




Is the first book in English on LED lighting for urban agriculture
Describes all aspects of LED lighting for urban agriculture including engineering, horticultural science, eco-physiology, business opportunities, and challenges for the future
Presents an integrated approach for high yield and quality plant production in a controlled environment using LEDs

Publisher: Springer
ISBN 978-981-10-1848-0  Buy this book 139.00 USD (eBook)
Free Preview


(1) HD VIDEO:Plant Factory in Japan (00:04:41)
(2) HD VIDEO:Special Event Grobal Plant Factory Series, (00:43:50)
   "Climate Democracy -Plant Factory for the World- "  Jan. 21, 2016

6次産業化・新産業創出促進事業

農水省HPにて本研究会の「6次産業化・新産業創出促進事業」調査報告書が、掲載されました。
「植物工場における緑熟期収穫後の追熟工程制御による熟成トマトの事業化可能性調査」(PDF版:303KB
 事業実施主体:NPO植物工場研究会

特定非営利活動法人 植物工場研究会のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)はこちらからご確認頂けます。
プライバシーポリシーについて
 特定非営利活動法人植物工場研究会
 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-1 千葉大学 環境健康フィールド科学センター
 Tel / Fax 04-7137-8312
 お問い合わせは、info★npoplantfactory.org(★印を@に替えてください)
 或いは、「お問い合わせ」フォームからお願いします。