JPFA|最新のお知らせ       Updated, Jan. 10, 2017

 

植物工場とは、施設内で植物の生育環境(光、温度、湿度、CO
2濃度、養水分等)を制御して栽培を行う園芸施設です。千葉大学では、環境及び生育のモニタリングを通じて高度な「統合環境制御」と「生育予測」を行うことにより、 果菜類などのきわめて高い生産性実現と周年・計画生産が可能となりました。千葉大学拠点には6つの太陽光利用型植物工場棟、3つの人工光(LED等)利用型植物工場棟などの研究施設があります。

農林水産省「千葉大学拠点」植物工場施設の見学は、こちらの「申込み」ページから。

植物工場研究会では、千葉大学拠点施設(千葉県・柏市)の見学を受付けています。見学は、予約制です。見学に先立ち皆さまから最近寄せられた「よくあるご質問について」掲載しましたので、見学の前にご一読下さい。


「経営としての人工光型植物工場の事業計画策定」
 
~初期投資から施設運営、予算実績管理までをエクセルシートで解析~
開講期間:2017年2月15日(水)~2月16日(木) 2日間

「人工光型植物工場の主な生産コストの節減対策」
~環境の見える化で生産コストのどこを改善できるのか、実習を通じて考えよう~
開講期間:2017年1月31日(火)~2月2日(木) 3日間

人工光型栽培実践者研修Ⅱ
~人工光型植物工場での栽培と環境制御の実技と理論を学ぶ~
開講期間:第1回 2017年1月17日(火)~1月19日(木) 3日間
     第2回 2017年2月21日(火)~2月23日(木) 3日間


各回の開催概要、お申込みは、こちらから。
宿泊施設のご案内は、こちらから



第106回勉強会
テーマ:大型園芸施設や植物工場の整備に当たり必要な環境整備について
    -規制の現状と緩和の方向-
日 時:2月8日(水)14:00~17:30

第107回勉強会
テーマ:始動し始めた研究者ネットワーク
日 時:3月8日(水)14:00~17:30


各回の開催概要、お申込みは、こちらから
宿泊施設のご案内は、こちらから

A Book Review
LED Lighting for Urban Agriculture

Editors: Kozai, Toyoki, Fujiwara, Kazuhiro, Runkle and Erik S.




Is the first book in English on LED lighting for urban agriculture
Describes all aspects of LED lighting for urban agriculture including engineering, horticultural science, eco-physiology, business opportunities, and challenges for the future
Presents an integrated approach for high yield and quality plant production in a controlled environment using LEDs

Publisher: Springer
ISBN 978-981-10-1848-0  Buy this book 139.00 USD (eBook)
Free Preview


第100回記念勉強回の開催風景は、こちらから

6次産業化・新産業創出促進事業

農水省のホームページにて本研究会の「6次産業化・新産業創出促進事業」調査報告書が、公開されました。

「植物工場における緑熟期収穫後の追熟工程制御による熟成トマトの事業化可能性調査」(PDF版:303KB
 事業実施主体:NPO植物工場研究会


HD VIDEO:Plant Factories in Japan (00:04:41)
 事務局:特定非営利活動法人植物工場研究会
 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-1 千葉大学 環境健康フィールド科学センター
 Tel / Fax 04-7137-8312 info@npoplantfactory.org
pageview uuser