TOP > インフォメーション > 第136回特別勉強会 【Web視聴】植物工場における育種の可能性と方向性
第136回特別勉強会 【Web視聴】植物工場における育種の可能性と方向性
2020.04.07
勉強会
日時 視聴期間:2020年9月17日(木) 13:00~10月1日(木)13:00 (予定)(申込開始は約1ヶ月前からです)
※2020年3月6日(金) 開催予定を上記日程に延期いたしました。
参加費 植物工場研究会会員 3,000円  非会員 6,000円(消費税込)
※会員限定「無料参加証」をご使用いただけます。(2019年度の無料参加証もご使用いただけます)
※参加費は、申込後にご案内の方法でお振込頂きます。
※所属会社が会員であるかにつきましては、貴社内植物工場担当者様にご確認ください。
 わからない場合はメールにて植物工場研究会までお問合せください。
概要 人工光を含む最新の環境制御技術等を活かした植物工場における選抜・世代促進などを背景とした高速育種、葉菜類・果菜類の専用品種の必要性と方向性、ゲノム編集育種など、今後の育種の可能性と方向性を考える。
内容 「日本のバイオ戦略と農林水産研究イノベーション戦略」 中野 明正(農林水産省農林水産技術会議事務局)
「ゲノム編集技術による品種改良―可能性と利用のルール」笠井 美恵子(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)
「人工光型植物工場を活用した育種の課題と可能性」   丸尾 達(千葉大学大学院園芸学研究科)

※内容については変更になる可能性もあります。

PAGE TOP