植物工場見学


植物工場とは、施設内で植物の生育環境(光、温度、湿度、CO2濃度、養水分等)を制御して栽培を行う施設です。千葉大学では、環境及び生育のモニタリングを通じて高度な統合環境制御と生育予測を行うことにより、 果菜類などのきわめて高い生産性実現と周年・計画生産が可能となりました。植物工場千葉大学拠点には6つの太陽光利用型植物工場棟、3つの人工光(LED等)利用型植物工場棟、 そして選果・出荷棟、残渣再利用施設及び研修棟などの支援施設があります。
千葉大学拠点植物工場施設では、見学を受け付けております。見学は予約制で、見学コースと講義付見学コースの2コースあります。尚、見学は中学生以上を対象とさせていただいておりますので予めご了承ください。

よくあるご質問はこちらからご確認頂けます
。→よくあるご質問


日本語で見学または、講義付見学を行うコースとなります(通訳同行不可となっております)。


英語で見学または、講義付見学を行うコースとなります(通訳同行不可となっております)。


見学者が通訳の手配を頂き、見学または、講義付見学を行うコースとなっております。案内は日本語で行います。

植物工場 千葉大学拠点

※ 遠方からお越しの皆さまへ 宿泊施設のご案内
※ 最寄駅「柏の葉キャンパス駅」から徒歩6分
※ NPO植物工場研究会への案内地図(PDF版) 
※ 「時刻表・運賃」つくばエクスプレス
※ より詳細な地図は、こちらのGoogleマップをご確認ください。


A 受付・事務所・研修施設 E 太陽光利用型
「1段移動高密植栽培」
I トマト残渣再利用施設
B 太陽光利用型
「統合環境制御」
F 太陽光利用型
「D トレイ低段密植」
J トマト果実選果施設
C 太陽光利用型
「長段密植栽培」
G 人工光利用型
「10段栽培工場」
K トマト二次育苗施設
D 太陽光利用型
「次世代型システム」
H 人工光利用型
「 結球レタス栽培」
L 駐車場(団体バス専用)