TOP > インフォメーション > 【研修No.2】〈Web・オンデマンド配信型〉植物工場で求められる苗とは?-果菜・葉菜の苗生産のポイントと好適育苗培地-
【研修No.2】〈Web・オンデマンド配信型〉植物工場で求められる苗とは?-果菜・葉菜の苗生産のポイントと好適育苗培地-
2021.05.26
研修
視聴期間: 2021年7月2日(金)10:00~7月8日(木)15:00 (7日間)

※視聴期間内はいつでもWeb上から視聴が可能です。
※視聴期間内にダウンロード可能な講義資料がございます。

〈Web・オンデマンド配信型〉お申込前に必ずご確認ください(

ご案内

農業には「苗半作」という言葉があります。「苗作りが成功すれば栽培の半分が終わったも同然」とか、「苗の出来が作物の出来の半分を決める」という意味です。植物工場のように収量の増大、品質向上、生産品の揃いの向上などを極限まで目指す栽培でも、「苗」の持つ重要性は変わりません。しかし培地については、様々な栽培方式や作目があるなかで多様化していくと考えられます。この研修では、培地の基礎や苗作りについて多くの事例を交えて解説します。昨年の内容に、一部、接ぎ木手順や接ぎ木ロボットの動作について、解説を加えました。接ぎ木の方法やポイントが、よりわかりやすくなっていると思います。

講座の狙い

栽培における好適培地の考え方、求められる苗の性質、苗生産の実際など、植物工場での作物生産の背景となる概念や事例を学び、実際の栽培に活かせる人材を育成する。

受講対象

植物工場事業に興味を持ち、真剣に事業参入を考えている生産者、個人、企業の方。初級者対象。

募集要項

【募集要項】

研修No2募集要項(PDF)(詳細なスケジュールはPDF2ページ目)

【スケジュール】

視聴期間:2021年7月2日(金)10:00~7月8日(木) 15:00 7日間

講義1「培地の概論」塚越 覚(千葉大学)
講義2「苗の概論と苗作りのポイント」丸尾 達(千葉大学)
講義3「葉菜類に適した育苗用培地の使い分けとその実証事例」牧野 昌美(株式会社トミヤマ製作所)
講義4「数種培地の特性と使用上のポイント」
・親水性プラスチック 守能 佑季(株式会社クラレ)
・発泡フェノール樹脂 平田 義史(スミザーズオアシスジャパン株式会社)
・育苗用固化培地   玉城 鉄(イワタニアグリグリーン株式会社)
・ロックウール    多田 亘児(日本ロックウール株式会社)
・生分解性培地    佐々木 秀浩(株式会社JSP)
講義5「苗生産業の実際」延谷 磨(有限会社徳島シードリング)
講義6「接ぎ木のポイント(補足の解説)」延谷 磨(有限会社徳島シードリング)
講義7「苗の葉こぶ症」淨閑 正史(千葉大学)
講義8「ヤシガラ培地導入事例と選び方や使用法のポイント」内山 真奈美(トヨタネ株式会社)
講義9「実際の植物工場運営者が語る培地や苗」嶋村 茂治(株式会社ハンモ)


ZOOM「質疑応答」 開催日時:7/8(木)14:00~15:00

総時間:11:10:00(予定)

【受講費用】

ああ一   般   35,000円/人(消費税、教材費等込)
植物工場研究会会員 28,000円/人(消費税、教材費等込)
再  受  講  17,500円/人(消費税、教材費等込)
◆2020年度に同研修(研修No11)受講終了の方を対象として再受講を支援いたします

【講座責任者】

篠原 温(千葉大学 名誉教授)・ 塚越 覚 (千葉大学 准教授)

【募集期間】

2021年5月26日(水)~7月1日(木)13:00*入金確認が7/1に可能なこと。

お申込みから受講までの流れ

【Web申込】

1.下記よりテスト視聴をご確認ください。
テスト視聴Webページ
*Googleが提供するサービスを視聴できること。お申し込み時にGoogleアカウントの登録申請が必要となります。
企業等にてテストビデオが視聴出来ない場合は、御社の情報管理部門へお問い合わせ下さい。

2.テスト視聴が確認できた方のみお申込み頂けます。
研修No2申込フォーム

【申込受付】

ご登録のメールアドレスに、「申込受付完了」メールが自動送信されます。
メールが届かない場合は、必ず問合せ先へご連絡ください。

【内定通知】

Web申込受付後、先着順に「内定通知」メールを送信致します。
内定通知送信から1週間以内に、内定通知に記載の銀行口座へ受講料をお振込みください。

【確定通知】

お振込み確認後に受講確定となり「受講確定」メールを送信致します。
視聴開始前日に、視聴URLをご連絡致します。

PAGE TOP