TOP > インフォメーション > 第136回特別勉強会 植物工場における育種の可能性と方向性
第136回特別勉強会 植物工場における育種の可能性と方向性
2020.02.18
勉強会
日時 2020年3月6日(金) 13:30~17:00【延期になりました。延期日時は未定です】
新型コロナウイルス感染拡大の影響により特別勉強会”延期”いたします
場所 千葉大学環境健康フィールド科学センター
植物工場研修棟 A棟1F 研修室
参加費 NPO会員 2,750円  非会員 5,500円 (資料代含む)
※釣銭のないよう、ご用意ください
概要 人工光を含む最新の環境制御技術等を活かした植物工場における選抜・世代促進などを背景とした高速育種、葉菜類・果菜類の専用品種の必要性と方向性、ゲノム編集育種など、今後の育種の可能性と方向性を考える。
内容 「日本のバイオ戦略と農林水産研究イノベーション戦略」 中野 明正(農林水産省農林水産技術会議事務局)
「ゲノム編集技術による品種改良―可能性と利用のルール」笠井 美恵子(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)
「人工光型植物工場を活用した育種の課題と可能性」   丸尾 達(千葉大学大学院園芸学研究科)
参加方法 延期のため申込フォームは閉じております。

PAGE TOP